ダイエット サプリメント 栄養素

サプリメントを飲む目的は?

サプリメントと言う言葉は外来語で、英語を日本式に造語したものではないですね。

それゆえ、サプリメントを服用する本来の目的が、勝手に独り歩きするきらいがあります。

例えば、サプリメントを飲んだら、何々の病気が治ったとか、症状が楽になったというと、まるで薬であるかのように解釈したりします。

そして、その症状や病気が治ったのだから、それは必要ないとするか、もしくはずっと愛用する。

サプリメントの内容と、その服用目的を考慮して通常は飲まれる分けですが、サプリメントの本来の目的は何か?

サプリメントは、「栄養補助食品(えいようほじょしょくひん)、健康補助食品(けんこうほじょしょくひん)とも呼ばれる」とウィキペディアにある通り、あくまでも通常の食事では得られにくい栄養素を補うのが目的としてアメリカ合衆国が発端になっています。

サプリメントを飲んで、病気が治ったとか、症状が楽になったということは、飲んだサプリメントの栄養素が不足していたということが原因だったのであって、いわゆる治療薬の性質とは違うものだということになります。

仮に同じ病気や症状でも、同様のサプリメントで治るとか楽になるということは、保証されるものではないということになります。

本来、サプリメントは体のどこかに生活をする上で支障をきたしていることに対して飲む食品ではないということです。

何も症状がない人が、健康の為、病気の予防の為に服用する食品が、サプリメントなのです。

あなたが、今、健康だと思っているのなら、総合的なサプリメントを服用することをお勧めします。

アムウェイのサプリメントを探すならこちら→★ニュートリライト★

ダイエット サプリメント な行

乳酸菌は身体の内側のダイエットに期待できる

腸揉みダイエットが注目を浴びているようですが、腸そのものに刺激を与える方法が腸揉みダイエットですね。

それに対して、腸の中で働いている細菌を活性化する方法が、乳酸菌などの食品やサプリメントを摂取するダイエット法と言えますね。

乳酸菌が腸の働きを活性化し、健康によいことは良く知られています。

あらためて、乳酸菌の働きについて色々と調べてみました。

腸内の調整作用もあり、腸内をきれいにしてくれる乳酸菌ということもあり、美容と健康維持のために乳酸菌を摂取する女性はかなり増えています。

乳酸菌などの発酵食品を摂取することで、お通じが改善されたと言う方は多いですね。

乳酸菌と一口に申しましても、乳酸菌にはさまざまな種類がありまして、乳糖やブドウ糖などの糖類を分解して乳酸を作る細菌の総称なのです。

乳酸菌を大別しますと、二種類に分けられます。

一つは丸い菌である乳酸球菌。

もう一つは棒状の菌である乳酸桿菌(かんきん)。

乳酸桿菌には、カゼイ菌、ビフィズス菌などがあり、ヨーグルトの宣伝などでよく耳にしているのでご存知かと思います。

一方、乳酸球菌にはエンテロ・コッカス・フェカリス菌があり、こちらはあまり知られていませんね。

<乳酸菌の働き>
・胃腸の調整
乳酸菌が作る乳酸や酢酸などにより、腸の運動が促進され、便秘防止などに効果。
乳酸菌のような善玉菌が増えますと、悪玉菌の増殖を抑えることにつながります。
悪玉菌は下痢の原因になりがちですから、増殖を抑えることは、悪玉菌による有害物質の発生を抑えることができます。

・お肌の吹き出物、荒れの防止
乳酸菌によって胃腸が整えられることは、細胞の新陳代謝が活性化し、それによりお肌の吹き出物とか荒れを防ぐわけです。

・ガン・風邪の防止
乳酸菌は発がん物質を作る悪玉菌を抑えて、免疫機能を活性化させる働きがありますから、ガン予防や風邪防止などに役立ちます。
乳酸菌は発ガン物質を吸着する働きなどもありますので、この働きで発ガン物質が体内に残ることを防ぐなどもすると言われます。

・アレルギーの防止
乳酸菌による免疫機能の活性化と腸壁の荒れ防止は、アレルギーを抑える効果も期待できます。

・血中コレステロール減少
乳酸菌はコレステロールを吸着し体外に出す働きがあるため、コレステロールが原因で太っている人にはダイエットが期待できます。
もちろん、コレステロールの減少もあり得ると思います。

<乳酸菌を含む食品>
・ヨーグルト、チーズ、発酵バター、乳酸飲料などの発酵乳製品(動物性たんぱく質や脂質が多いので、お薦めはできないです)
・たくあん、ぬか漬け、キムチ、ピクルス、ザワークラウト、ザーサイなどの漬物(漬ける際に自然塩を使い、化学調味料等を使わなければ、大変に身体に良い食品)
・味噌や醤油などの発酵食品(醸造法が従来の自然な方法での発酵を行う製造方法ならば、大変に身体に良い食品)

乳酸菌そのものではないですが、酵母菌もその仲間といえますね。

楽天で乳酸菌のサプリメントを探すならこちら→★乳酸菌 サプリメント★

ダイエット サプリメント な行

血液サラサラで健康に、ナットウキナーゼ

日本食の代表的な食べ物として上がるものに、納豆があります。

特に東日本(水戸納豆は有名です)生まれでしたら、納豆が食卓に上がることが多く、粘り気と匂いから親しみを持っていた方と苦手という方に分かれていたと思います。

その納豆が注目されるようになった成分が、ナットウキナーゼです。

以前、某テレビ局の番組で納豆がダイエットに効果があるとかないとかで話題になり、店頭で品薄になったことがありました。

健康ブームで一気に知られるようになったナットウキナーゼですが、どんな効果があるのか調べてみました。。

その覚えやすい名前、ナットウキナーゼ。

ナットウキナーゼは、納豆のネバネバの中に含まれている酵素の一種でして、血液中の血栓を溶かす働きがあり、血液をサラサラに保つことに繋がります。

昔の日本人は、そのような効果があることを知りませんでしたが、納豆をよく食べていましたので、ナットウキナーゼをしっかりと摂取していたのです。

ナットウキナーゼは納豆を食べることで手軽に摂取できます。

しかし、熱に弱いのが弱点なので、加熱調理などはしないで食べることが大切です。

スパゲティーと納豆を和える時も、フライパンで炒めるようにして和えたらナットウキナーゼの効果がなくなってしまうということです。

ネバネバや匂いなどで納豆が苦手な人は、ナットウキナーゼのサプリメントも販売されていますから、そのようなサプリメントを上手く活用するのも良いでしょう。

ナットウキナーゼを摂取する一番手軽な方法は納豆を食べること。

ただし、経口抗凝固薬のワーファリン(ワルファリン)を服用している人は、納豆の摂取に注意しなければなりません。

健康食と言われる納豆ですが、ビタミンKが含まれていて、ビタミンKはワーファリンの効果を弱める可能性があるので注意が必要なのです。

もしワーファリンを摂取しているならば、医師と相談してからナットウキナーゼを摂取するようにすることをお薦め致します。

<簡単納豆料理>
・キムチ納豆(納豆とキムチを混ぜる。)・・・キムチの乳酸菌と納豆菌の相性が良いです。
・オクラ納豆(輪切りのオクラと納豆を混ぜる。)・・・オクラは茹でてから輪切りにすると食べやすい。
・イカ納豆(納豆と刺身用のイカを混ぜる。)・・・酒の肴にいけます。
・アボガド納豆(アボガドをサイコロ状に切り、納豆とワサビ醤油で和える。)・・・カリフォルニア巻きのヘルシーさがあります。
・鶏ささみ納豆(納豆と鶏のささみを湯がいて裂いたものに、貝割れ菜、みりん、溶きがらし、醤油で和える。)

どんぶりご飯に刻んだシソをパラパラとかけて、上記のイカ納豆やアボガド納豆などの納豆料理を盛り付けるだけで、お手軽でヘルシーな納豆丼の出来上がり。

夏の熱い時には胃腸の消化を助けるオクラ納豆を盛りつけて見るのをお勧めします。

また、ご飯を軽く酢飯にしておいてアボガド納豆を盛りつけますと、ネバネバの中にサッパリ感が出て良いです。

いろいろと工夫しながら、ナットウキナーゼを食事の中で摂取するように心がけると健康に良いですね。

楽天でナットウキナーゼのサプリメントを探すならこちら→★ナットウキナーゼ サプリメント★

ダイエット サプリメント な行

糖質、脂質、たんぱく質の代謝はナイアシン必須

ダイエットをしたいと思うのは、お腹の贅肉?、太ももの太さなどをみて、痩せなければいけないと感じることが多いでしょう。

太った方のMRIの断面写真を見ますと、その多くの原因が脂肪だと指摘されます。

それならば脂肪を燃焼することがダイエットにつながるとして、脂肪を燃焼するサプリメントを探しますね。

しかし、脂肪は脂質などの栄養素が身体に溜まることで脂肪になるので、脂肪になる前の脂質を処理してしまえば良いのではないかと思うのです。

そこで色々と調べますと、ナイアシンと言うビタミンに行き着きました。

ナイアシンというのは水溶性ビタミンでして、ニコチン酸やニコチン酸アミドなどの総称なのです。

栄養ドリンクなどでビタミンB1、B2などの単語を見かけるかと思うのですが、ビタミンB3すなわちナイアシンは糖質、脂質、たんぱく質の代謝に欠かせないビタミンなのです。

体内に最も多く存在するビタミンなので、栄養剤には含まれることが少ないのですね。

ナイアシンの特徴としましては、熱、酸、アルカリ、光に強く、酸化されにくいので、比較的扱いやすいビタミンでしょう。

また、ナイアシンは脳神経、皮膚、血行などにも良い影響を与えるようです。

ナイアシンの働きとして面白いのは、お酒を飲んだ時の酔いや二日酔いに関係するアセトアルデヒドを分解する働きです。

ナイアシンについて簡単にまとめました。
<ナイアシンの効果>
・血液の循環を良くする。(血行不良からくる頭痛や冷えを予防)
・二日酔いの防止。
・口内炎の防止。
・コレステロールや中性脂肪を下げる。・・・ダイエットはここに注目

<ナイアシンの不足・過剰>
ナイアシンが不足することで、皮膚、消化管、精神などに影響して食欲不振や口内炎、皮膚炎、不安感などを引き起こしたりします。
不足が厳しいと皮膚障害、胃腸障害、精神障害などの症状「ペラグラ」という病気になることが知られています。
逆にナイアシンが過剰摂取になると、皮膚がひりひりしたり、赤くなったりすることがあります。
しかし、ナイアシンは水溶性ビタミンですから基本的には過剰分は尿と一緒に排出されますので、それほど気にする必要なさそうです。

<ナイアシンを含む食べ物>
レバー、鶏のささみ、鶏のむね肉、たらこ、かつお、まぐろ、落花生、マイタケやエリンギなどがあります。

基本的にはナイアシンは食事から取るのが良いようですね。

楽天でナイアシンのサプリメントを探すのならこちら→ナイアシン サプリメント

ダイエット サプリメント た行

ビタミンEはサプリメントで摂るのがベスト

ビタミンのサプリメントの中でも、ビタミンEは誰でも一度は聞いた事がある代表的なサプリメントです。

総合的なビタミン剤のサプリメントには、大抵含まれていますが、天然ビタミンEである
トコフェノールとなると、それだけでサプリメントとして販売されていたりします。

ビタミンEでも、天然ものは、大変に有効な成分であると言えます。

ビタミンEの働きと言うのは、人間の細胞の中の細胞膜に働きかけ、老化を防止するもので、サプリメントとしてばかりでなく、化粧品の成分に使われたりして、その働きは特筆すべきものがあります。

また、ビタミンEの効果としては、血液をさらさらにするので、血液がどろどろで、血管の働きが悪い人には、とても良いようです。

若さを保つ為には、まさにビタミンEは欠かせない存在であると言えます。

総合ビタミン剤などに表示されているビタミンEは、合成ビタミンEだと思って間違いないでしょう。

天然ビタミンEであるトコフェノールは、合成物よりも高価になるので、ビタミンEと表示されていても、大概は合成ビタミンEであると思って良いでしょう。

もちろん、天然ビタミンEの方が、効果が遥かにあるということには間違いありません。

ビタミンEが働きかける細胞膜というのは、レシチンによって作られています。

ビタミンEは、このレシチンの酸化を防止するための細胞膜を守るのです。

通常の食生活で摂取できるビタミンEは、平均して6ミリグラムほどだと言われています。

この量では、老化を防止すると言うには、不十分なのです。

ところで、ビタミンEが摂取できる食品としましては、卵黄や牛乳、植物油などになります。

これらの食品を多量に摂取したからと言って、ビタミンEが過剰になるということは無いようです。

ただし、卵黄や牛乳、植物油などを多く摂取すると、コレステロールは高くなってしまうと言う難点があります。

カカオマスなどのお菓子の材料にもビタミンEが使われています。

お菓子の原材料の列記をよく読みますと、トコフェノールと表示されているものを多く見受けられることでしょう。

お菓子以外では、発毛促進剤にもトコフェノールは使われていたりします。

いろいろな形で、トコフェノールを摂取することができるのですが、ビタミンEのサプリメントが一番のお勧めできると思います。

トコフェノールのサプリメントの値段なのですが、だいたい3ヶ月分の分量で、1万円ほどです。

中には、コエンザイムQ10やビタミンCが配合されているものもあり、女性向けのサプリメントとして販売されていることが多いです。

楽天でビタミンEのサプリメントを探すならこちらで→ビタミンe サプリメント

ダイエット サプリメント た行

DHAを見直してみましょう。

受験生のサプリメントとして、DHAはとても流行りましたね。

最近、科学が流行っているようなので、DHAをサプリメントとして合わせて服用したら、効果が倍増するかもしれませんね。

DHAは、ドコサヘキサエン酸を省略したものだというのは、よく知られていますが、舌を噛みそうになるのが難点でしょうか。

このドコサヘキサエン酸は不飽和脂肪酸の一つなのですが、魚油にたくさん含まれているのだそうです。

魚油をたくさん摂ることで、このDHAを摂取することになります。

その他の方法としては、動物の体内でαリノレン酸からDHAを作ることもできますので、、αリノレン酸を摂取するのも良いようですが、残念なことはαリノレン酸から作られるDHAはほんの僅かなようなのです。

DHAの効果の一番は、脳に良い影響を与えることなのです。

この効果は、アルツハイマー型の痴呆やうつ病などにもあるようなので、気になる方は積極的に摂取するのが良いですね。


DHAは、EPA(エイコサペンタエン酸)と一緒で、いわしや鯖など、背の青い魚の中に含まれているので、よくこれらの缶詰には、DHA入りの表示がしてあります。

魚肉入りのソーセージにも表示がありますね。

そして、これらの栄養素は体内で生産することができませんから、いわしや鯖などの魚を食べるとか、サプリメントで摂取する必要があります。

日本人は、昔からいわしや鯖などの背の青い魚を食べていましたから、自然と摂取していたわけです。

しかし、最近はこれらの魚よりも、豚、牛、鳥などを食するようになりましたから、どうしてもサプリメントでの摂取とならざるを得ないようです。

DHAのサプリメントとしては、たくさんの種類があり、迷うかもしれませんが、お勧めなのは、井藤漢方製薬から発売されている、DHA800だと思います。

飲みやすい形のカプセル状になっていて、サプリメントとは言うものの、即効性があるので、飲んだ気になるところが良いのです。

面白いところでは、DHAにブルーベリーを加えたサプリメントも発売されていて、このタイプも良いですね。

ブルーべリーの成分として、アントシアニンを含んでいますから、DHAと一緒に摂取すると、より目に効果があると言えるのです。

その他にも、青い魚のエキスや、イチョウの葉のエキスが入っているものなど、多種多様にあります。

黄金色のカプセルに入っているので、とても飲みやすくできているようです。

ただし、こうしたサプリメントだけでDHAを摂取することばかりを考えるのは、お勧めはしません。

サプリメントは、あくまでも健康補助食品なので、栄養バランスの整った食事を心がけることが、サプリメントを有効に生かせることだと言えるでしょう。

楽天でDHAのサプリメントを探すのならこちらで→DHA サプリメント

ダイエット サプリメント た行

女性の貧血に鉄分のサプリメントは必需品

病気とまではいえないのですが、女性の方で意外と多い症状に、貧血があります。

男性でも貧血になる人もいますが、成人で言えば女性に多いですし、その貧血の原因だといえるのが、鉄分の不足だと言われています。

鉄分は、女性にとって、最も不足しがちな栄養素だと言えるのです。

理由は、女性特有の月経がある為に、鉄分をどうしても多く摂取しないと、この貧血を起こしてしまうのです。

鉄の働きというのは、血液成分である赤血球やヘモグロビンなどを維持するのにとても役立っていて、もし鉄が不足すると赤血球やヘモグロビンが十分維持できなくなり、貧血となってしまうというわけです。

特にヘモグロビンについては、酸素を運搬していく役割をしているのですが、その際に鉄イオンを利用しているのです。

言うなれば、貧血という症状は、血液中のヘモグロビンが減ってしまうことを意味しているとも言えます。

貧血となる原因の70%は、鉄欠乏生貧血と呼ばれているもので、まさに鉄分不足なのです。

鉄分の成分としては、動物性のたんぱく質に含まれているヘム鉄と、植物性のたんぱく質に含まれている非ヘム鉄の大きく分けて2種類があります。

食品とは少し違いますが、東北地方の地場産業の一つである鉄瓶の効能として、この鉄瓶でお湯を沸かしたりして利用するだけで、鉄イオンが溶け出して、お茶などが美味しく飲めたりします。

鉄を食物から摂取しようとするなら、ポピュラーなところで、ほうれん草やレバーなどが効果的といえます。

特に、鉄分の吸収性という観点から見ますと、レバーなどの動物性のヘム鉄が吸収されやすいようなので、女性特有の月経の時期には、レバーをなるべく摂取するようにした方が良いでしょう。

ただし、鉄分について注意しないといけないのは、たんぱく質などと同じで、採りすぎますと、鉄過剰症になってしまいます。

必要以上に採り過ぎないように気をつけましょう。

中学や高校時代の成長期に、貧血で倒れてしまうことが多い原因は、鉄分が食事だけで摂取することが不十分であることから来るものなので、こういう成長期には、鉄のサプリメントを採ることをお勧めします。

もちろん、女性特有の月経の時期には、多少多めに摂取することも大切ですね。

鉄のサプリメントは、ほうれん草から作られたものや、プルーンから作られたものが多く見受けられます。

サプリメントの中でも、それほど高価なものではありませんので、試しに摂取してみると良いかと思います。

楽天で鉄分のサプリメントを探すならこちらで→鉄分 サプリメント

ダイエット サプリメント た行

リラックスするならテアニン入りサプリメントで

テアニンというサプリメントの成分を知っている人は、少ないかと思いますが、意外と口にしていることが多いかと思います。

テアニンは、キャンディーやガム、ゼリーやアイスクリームやヨーグルトと言った誰でも口にする食品に入っているんです。

名前はあまり聞いた事が無いですが、馴染みの深い食品にテアニンは入っているのが良いですね。

難しく言いますと、テアニンというのは、お茶に含まれるアミノ酸の一つなのですが、グルタミン酸を誘導するものでとても身体に良い働きをします。

身体に良い効果として、「精神的にリラックスできること」が上げられます。

最近、テアニンは注目されるサプリメント成分なんです。

テアニンは緑茶の旨み成分としても、知られています。

テアニンは意外と貴重な成分でして、乾燥したお茶の葉に、ほんの少ししか含まれていないのです。

しかも緑茶の中でも高級な緑茶であれば、あるほどたくさんのテアニンが含まれているようなので、とても貴重でもあるんです。

もともとテアニンというのは、玉露に含まれていたものを抽出して、食品添加物としたものです。

現代はストレス社会であるため、テアニンのリラックス効果は、特に注目され重宝とされているのです。

女性のかたは、ストレスやイライラで月経異常など、体調不良に陥りがちですよね。

テアニンの良いところは、こうした症状を改善してくれるところであるともいえます。

こうしたテアニンの効果を摂取できるように、最近では、テアニンタブレットが発売されているようです。
テアニンタブレットならこちら↓

■緑茶のうまみ成分であるアミノ酸の一種。2粒でテアニンが煎茶20杯分に相当しますが、カフェイ...

緑茶を飲んで精神的にリラックスさせたり、食事時の休憩にお茶を飲む方は多いかと思います。

しかし、ストレスの多い現代社会の中では、なかなか食事もリラックスしてとれないことも多いことでしょう。

こういう忙しい中でも、精神的に補うのがテアニンタブレットだともいえます。

さらに、テアニンの有効成分は、ストレスから絶えず神経が張り詰めていて、快適な眠りが得られない人にも、大きな効果を発揮するところでもあります。

ストレス社会の現代において、自分の身を守るには、ストレスを取る時間を設けるか、身体を緊張感から解きほぐすような方法を探し、実践しなくてはなりません。

テアニンの働きは、こうした社会に生きる人にとっての味方だと言えますね。

楽天でテアニン入のサプリメントを探すのならこちらで→テアニン サプリメント

ダイエット サプリメント た行

難病に一番効果が高い朝鮮ニンジン(高麗人参)

江戸時代を背景にした時代劇で薬であったり、滋養強壮薬として朝鮮ニンジンは、とても貴重なものとして扱われてきました。

実際、その効能は古くから漢方薬の世界において、非常に知れ渡っており、確かなものですね。

今回は、サプリメントとしての朝鮮ニンジンについて紹介しようと思います。

朝鮮ニンジンというのは、古くから北朝鮮のケソンという場所で生産されたものを指して言われていました。

日本に輸入されているものは、ほとんどが韓国産なのですが、こちらも朝鮮ニンジンですが、一般的には高麗人参と呼ぶことがほとんどです。

現在、日本と北朝鮮との間での貿易はほとんどないので、北朝鮮のケソンで生産された朝鮮ニンジンは、手に入りにくいと思います。

そのケソン産の朝鮮ニンジンの根の部分は、水参と呼ばれていて水分が豊富に含まれているものです。

朝鮮ニンジンの中で白参と呼ばれるものは、この水参の皮を剥いて干して乾かしたものです。

朝鮮ニンジンのパッケージに飾られている絵は、この白参の絵なのです。

水参を蒸して乾燥させると、赤い色に変色しますが、これが紅参と呼ばれているものです。

朝鮮ニンジンのなかで、おたね人参と呼ばれているものがありますが、これは朝鮮で栽培されていた種を、江戸時代に日本に輸入して栽培され、現在に至っているものです。

朝鮮ニンジンの薬効はサポニンの働きなのですが、サポニンが一番含まれているのが6年根と呼ばれる物なので、6年根の物を選ぶようにしましょう。

サポニンは、血液の毒素を排出して、サラサラにする働きがあります。

朝鮮ニンジンの薬効は、特に女性に効果があるのでが、それは、朝鮮ニンジンの薬効が冷え性を改善するからだそうです。

女性の更年期障害などは、この冷え性が原因であるともいわれていますので、朝鮮ニンジンの薬効が身体を温めることで、冷え性を改善し、更年期障害によいのだそうです。

現代社会はストレス社会でもあり、ストレスにより病気になる人がとても多くなっています。

朝鮮ニンジンの薬効は、ストレスに対しても良い働きがあり、ストレスで崩れた大脳の交感神経と副交感神経のバランスを整えるのだそうです。

そして、身体の免疫力を高めて、抵抗力をつけてストレスに強い身体へと作ります。

また、肝臓において、たんぱく質の合成を促進し、悪玉コレステロールを身体から排出させる働きがあります。

さらに血液の血小板を増やして、貧血を防ぎますので、貧血気味の女性にとって、とても心強い見方です。

また、癌治療にも朝鮮ニンジンは効果があるようです。

癌の増殖を防ぎ、また転移を防いで、癌細胞から出る毒素を排出する働きをします。

朝鮮ニンジンの摂取の仕方のほとんどは、主に粉末やエキスとなっているものをお湯に溶かして飲みます。

一度試して見てはいかがでしょうか?

高麗人参は、6年根のエキスにしたものが、一番効果があるそうです。

ダイエット サプリメント た行

タウリンパワーは確かです

タウリンは海のカキの中にたくさんは入っていて、身体の肝臓に良く、特にお酒を多く飲まれる方にとっては、タウリンは必須ともいえるのです。

常盤薬品が健康食品としてタウリンをCMで流すようになって、よく耳にするようになったと思います。

タウリンは、アミノエスチルスルホンサンと言って、胆のうに入っている胆汁の主な成分で、胆汁酸には、コレステロールを排泄させる働きがあるのです。

タウリンによって胆汁酸の分泌が増え、胆汁酸の働きで血液中のコレステロール値も下がります。

タウリンは、胃腸の働きを助けて消化を良くしたり、神経伝達物質であったりします。

主にタウリンが良く含まれている食品は、カキの他には、タコ、イカ、魚の血合いなど、魚貝類が主です。

酒の肴の代表であるスルメの表面に白い粉が付いていることが多々ありますが、あの白い粉に多くのタウリンが含まれているので、白い粉を落としたりしないようにしましょう。

タウリンを摂取する方法には、食品の他に、リゲイン、リポビタンD、チオビタドリンクなどの栄養ドリンクなどが上げられます。

もちろん、タウリンを多く含む健康食品やサプリメントもいろいろと発売されています。

ドラッグストアーなどの健康食品コーナーには、必ず置いてあることでしょう。

仕事で忙しく、付き合いなどでお酒を多く飲まれ、帰りが遅い人には、ネットショッピングで購入すると言うのも良いですね。

先にも述べましたが、カキには、特にたくさんタウリンが含まれていますので、カキ肉エキスなどでタウリンを摂取するのは、効果があります。

タウリンの働きとして、肝臓を守る働きは、どの栄養素よりもあります。

身体がむくみがちであったり、息切れしやすい人、その他血糖値が高い人には、特にお勧めなのがタウリンです。

タウリンが肝機能を高める働きとしては、胆汁酸の働きを活発にして肝臓の働きを助けます。

そして、細胞膜を安定させ、肝細胞を再生させるというものがあります。

タウリンは効き目として、特に中性脂肪が肝臓に溜まってしまう、脂肪肝にとても効果があります。

脂肪肝は、そのまま放っておくと動脈硬化を起こしたりして、生活習慣病の発端となるものなので、注意しないといけません。

タウリンが含まれる魚介類を多めに摂る食事や、健康食品を毎日摂取することで、血液がさらさらになり、血圧も正常にしてくれます。

毎日の健康を維持する為にも、タウリンを摂取するようにしましょう。

魚介類が苦手な人は、健康食品で補うのが良いでしょう。

楽天でタウリンの健康食品を探すのならこちらで→タウリン 健康食品

  1 2 3 4  次の10件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。